オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが コンテンツ を参照しています。)

五木・五家荘県立自然公園 立神峡里地公園

業務案内:宿泊研修施設の運営及び里地・里山保全活動

 ここ立神峡公園は、昭和42年9月に五木五家荘県立自然公園特別地域に指定された立神峡を中心とした公園です。
 立神峡は、八代市泉町を源流とし、不知火海(八代海)に注ぐ氷川が龍峰山系に含まれる古生代の石灰岩層を侵食してできた石灰岩の岸壁とその渓谷のことで、岸壁は高さ75m、幅250mにもわたってそそり立っており、別名「肥後の空滝」や「肥後の赤壁」と呼ばれています。
 夏季は避暑地として利用され、水遊びや魚釣りなど終日賑わいを見せています。また公園内には遊歩道が整備されており、天気の良い日にはハイキングコースとして親しまれています。

 里地公園は、環境省の補助事業により、氷川町が環境学習の普及・情報発信の拠点として利用できるようにと立神峡公園の一部を整備したもので、平成12年度より環境学習事業を開始しました。
 主な施設は、昭和30年初期の農家をイメージして建てられた「里地屋敷」や「キャンプサイト」、「研修室」です。
 また、環境教育の一環として立神峡の立地を活かした子ども向け長期キャンプや短期キャンプ、その他自然物を使ったクラフト作成のイベント等を開催・実施しています。

 
 
事業所名立神峡公園管理組合
住所〒869-4603 熊本県八代郡氷川町立神648-4
TEL-
営業時間-
業務案内宿泊研修施設の運営及び里地・里山保全活動
 
〒869-4603 熊本県八代郡氷川町立神648-4
お友達に送信 このページを印刷
情報公開日:2011-3-31 18:22 [ 9503hit ] [地図表示]
カテゴリ内ページ移動 ( 5  件):     1  2  3  4  5