オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが コンテンツ を参照しています。)

肥後高田焼伝七窯

高田焼は八代焼とも呼ばれています。細川家の肥後城主として熊本入国に伴い,八代の肥後高田に窯を開いたのが起こりとされています。朝鮮半島の焼き物で高麗青磁を特徴に取り入れ、花鳥,山水,三島などの繊細な象嵌技術を用いて細川家が将軍への献上品をはじめ各地の大名たちへの贈り物,お抹茶のお道具としてのお茶道具作りなどの御用窯として名品を数多く今の世に残しています。

焼き物,特に高田焼は,焼き物の中では,1番難しい焼き物です。土探し,土堀り,土漉し,土揉み成型,象嵌,素焼き,うわぐすりかけ、本焼き迄 全工程気を使います。仕事場には,出来るだけ人を,立ち入らせないようにします。

それは、ごみや,砂などを、靴などにつけたまま,持ち込んでくるから。。。 焼くときは、特に気を使います。高田焼は、,青磁色の、きれいな焼き物です。温度が上がりすぎると,ダメ、温度が低すぎるとダメ,算数の答えみたいなもので、答えは1つなのです。

 
お友達に送信 このページを印刷
情報公開日:2011-3-31 17:55 [ 4114hit ]
カテゴリ内ページ移動 ( 19  件):     1 ..  13  14  15  16  17  18  19